’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


60sだ~~。
昨晩のエド山口さんは、いつもにはないテンション。高校時代の同級生が数名いらっしゃっていたからだろうか、トークが右へ左へとさまよいながら急展開。実におもしろかった。もちろん、ベンチャーズ・ナンバーなど、「エレキ」も堪能した。

始まる前に「東京60sクラブの父の日」のパンフレットとランドリーバッグ、仕事のメモが入った手紙を差し上げておいたところ、本日お昼に電話あり。
「いやあ、夕べの俺、変だったでしょう。何がどうなっていくのか、自分でもわかんないくらいでしたよ。ま、それがおもしろかった、という人もいましたけどね」。「いやいや、本当に楽しかったですよ」とやり取りした後、軽い打ち合わせ。
それも簡単に終わると、エドさん突然「東京60sクラブ、俺も入れてくださいよ~」とのこと。ありがたい話だ。「ぜひ!」とお答えした後、今後の計画の一部をさらっとご説明。「おもしろそうだなあ」‥‥。
ということで、企画書完成の節は、ご説明させていただく方にエド山口さんが加わった。

7月7日、おいでいただけるとうれしいのだが‥‥。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
“ エド山口なくして60sなし!”
是非、エドさんには御参加頂いて欲しいと思います。
何しろ、60年代の音楽、 テレビ、CMなど、その造詣の深さは他の追随を許しません。
「戸籍に入らずんば孤児になる」。 
こんなの大好きです。それにしても、当時の東京の不良は、やっぱカッコいいし、スケールが違うよね。
【2006/06/01 22:51】 URL | KEN #- [ 編集]

KENさんご無沙汰してます。おっしゃる通りだと思うよ、東京ヴェンチャーズそのものですし、東京の不良アイビーに憧れた私としてははずせない方ですよ。みなさんお元気そのものですよね、チワワさん、えっちゃん、kapparさん、御大カッキーさん7月7日は「キックオフパーティ」当地の冷酒持参で参ります。VANとヴェンチャーズが大好きなぶらぼ~でした。先日のTVでやってたナベプロの何十周年番組は当時を彷彿させてくれました。当時はアメリカそのものが文化だったし憧れだったんだよね。ミッキーさんがカッコよかった
【2006/06/05 10:29】 URL | ぶらぼ~不良鈴木 #2DdjN05. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/68-a477158e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。