’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


60年代の食べ物
60s東京グラフィティがスタートを切って一週間。色々な人と会場でお会いすることができた。
元VAN販促の懐かしい顔があった。広告代理店の知り合いもやってきた。和菓子屋さんもやってきてくれた(この方とは、新たな縁が生まれるだろう。またご紹介しなくてはならない)。そして、遠路遥々ぶらぼ~さん。一緒にやってきたVANコレクター中村さんは、伊藤紫朗さんと穂積和夫さんに電話してくれた。お二人とも縁がある。事務所で設けた一席も豊かで楽しいものとなった。アメリカーノさん、Mr.Hさんもありがとう。
翌日は、なんと60sFACTORYでお世話になっている「トラッドの生き字引」谷さんにもバッタリ!VAN、Kent、J.Pressの企画に携わってきた方だけに、何度伺っても商品企画の裏話には興味が尽きない。

東急東横店で始まった「60sダイニング」にも定期的に顔を出す。昼食は,「出雲そば」と決めているくらいだ。
そして、会場に行くと、復刻商品にできている人の列を見ながら、「味に対する評価はどうなのだろう?」などと思う。
今となってみれば、60年代には驚くほどおいしいものはなかったようにも思う。すべてが素朴で、ある意味では雑だった。だから、ひたすら高度な味を求める人には、60年代のダイニングは、その期待に応えることはできないかもしれない。しかし、グルメが情報としてもてはやされる半面、味や食事に興味を失いつつある人も増えている昨今だからこそ、味や料理の原点と、そこから学んできた自らの味覚の歴史も楽しんでみたいものだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
 感動の’60東京グラフィテーでした。連日盛況ですね。企画は大成功ですね。パンフレットのチェック、出雲そばへのこだわり、細かい心使い素晴らしいお仕事ぶりを拝見させていただきました。10日まで、お体に気をつけて頑張って下さい。高いコーヒーごちそうさまでした。今度、スタバでカフェアメリカーノ飲みましょう。
【2006/05/07 07:12】 URL | ハゲアメリカーノ #sn3CbaA2 [ 編集]

>カッキーさん、Kapparさん、KENさん、えっちゃん、アルファロメオさん(チワワさん?)きっと見てると思い書き込みしてます。
ただ、頭下がるのみです。感動のイベント企画。さいこうです、最高のスタッフとお知り合いになれたことこれは宝です。これらすべて人と人との出会いがあってかなった事。まさにブラボーです!東横店での懐かしい食べ物、またカッキーのお店への気配り、気遣いには、本物の方の違いを目の当たりにしました。最高のステージと最高の持てなしには敬服するばかりだし、多くのお客様が会場を埋め尽くしたことにはサスガといかいいようがありません。またkapparさんKENさん、えっちゃん達のプロの料理に舌鼓を打って穂積さんやカッキー、誠さん等の楽しい会話にはただ、うなずくだけ。この場借りて御礼申しあげます。また機会を見つけて地場の酒なぞもってお伺いいたしますのでその節はヨロシクお願いたします。
【2006/05/07 10:38】 URL | ぶらぼ~不良鈴木 #- [ 編集]

「'60s STYLE STREET青春の街角」の最終日、イベント会場に足を運び楽しませていただきました。もちろん中村さんのコレクションも拝見できましたしね。できればお目にかかってご挨拶したかったのですが、スタッフの方が名刺をとおっしゃったのでそれを託して失礼いたしました。
【2006/05/10 11:20】 URL | TRAD #r2UVnHEA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/63-d1b273f3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。