’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタート!
午前10時半。会場に到着。公開スタジオの打ち合わせをしつつ、横目で状況を見てみると、東急百貨店の関係者の方々の説明ミーティング。「もうすぐだ~」と思うと、不安と期待が手をつなぐようにして一緒に顔を覗かせてくる。
まあしかし、「人事を尽くして天命を待つ」だ!と念じてみる一方で、「人事を尽くしたか?」という疑問、自責の念なども浮かんでくる。しかし、時は過ぎていく。悪くはない。結果は自ずから、出てくるものだろう‥‥。
午前11時。遂に開店!
石川次郎さんと会場のメインの場所で、お客さんを待ち受ける。‥‥。‥‥。いきなり、人の列だ。‥‥。
その後は、ただやけに忙しいだけ。広報の人から、5件の取材が入る予定も伺う。それはうれしいことだが、来場されたお客さんの反応の方が気になる。
楽しそうだ。中には、目線に真面目な光が射している人さえいる。
ほっとする。‥‥。
そこに!「柿本さん、京都からお知り合いの人が‥‥」との知らせ。慌てて駆けつけてみると、お会いしたことさえない「能勢さん」。わざわざ起こしいただいたようだ。ありがたくて、お話に時間を割く。
楽しい時間だった。
ああ、こんなことが続くんだ~。やっててよかった~。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
柿本さま、こんばんは。昨日はいろいろとお世話になりありがとうございました。伊藤先生、穂積先生の実に楽しく、貴重なお話を聞くことができました。また、大変美味しい食事を準備していただきましたKappar さん、KENさんありがとうございました。ほんとうにおいしかったです。次回の東京’60sCLUBの「父の日」が楽しみです。
【2006/05/06 00:02】 URL | MR・H #HfMzn2gY [ 編集]

ぶらぼ~です。先日2日間にも渡り、すっかりトラッド冥利につきる方々との出会いやお話。これらをセッティングしてくださった、カッキーさんやkapparさん、KENさん、えっちゃん、さらには遠路から超有名の御大お二人を引き合わせてくださった、誠さん。柿本さん、感謝感謝です。素晴らしいお食事をお造りいただいたkapparさんやKENさんのプロの腕前には、脱帽あるのみです。美味しくも素晴らしい時間、空間をプレゼントしていただき本当に頭が下がります。ありがとう御座いました、そしてご馳走さまでした。
【2006/05/06 18:18】 URL | ぶらぼ~不良鈴木 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/62-97023cba



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。