’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魅力のマーチン
週明け早々、黒澤楽器さんにて打ち合わせ。今回のイベントの核の一つ、マーチンの展示販売に関して詳細を詰める第一段階。企画の福岡氏の中にあるイメージと計画を伺った。
まさに、'60s!さすが、マーチンの日本総代理店!見事でした。
ヴィンテージものから復刻モデルまで、見るだけでも楽しいスペースができあがりそう。
となると、映画やカルチャーに関する展示あるいは展示即売の計画も、急がなくてはならない。もちろん、黒澤楽器さんのレベルのものになることを最低条件として‥‥。難問山積状態ではあるが、いくつかの光は見えている。早速、夜から打ち合わせだ。
一方で、60年代のアメリカの映画スターを題材にした、復刻(ずばりとはいかないが‥‥)ファッションの企画も進行している。ラインナップがボードに整理されるのは、今週水曜日の予定。大人のカラーと素材感を、かつてVANが模範を示したアメリカン・トラッド・スタイルで仕上げることになる。楽しみだ。
公開生放送のタイム・テーブル、アコースティック・ライブのラインナップも、この土・日でほぼ決定!
ばらついている感の否めない全体の進行も、ペースが整ってくるだろう。いや、整えていかなくてはならない。
スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
最近ブログを見まくってるLICAです。http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/を見ていたらこのぶろぐの記事が紹介されていたので、見にきちゃいました☆また見に来まーす!
【2006/02/20 17:57】 URL | LICA #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/6-7ec0f051



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。