’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


VANの広告
水曜日(19日)、石津祥介さんと大阪クラボウ本社に伺う。倉敷アイビースクウェア内に「石津謙介記念館」を設立・運営しましょう、とのプレゼン。社長にも聞いていただく。
まだ事業計画の立案に入る直前、事業概要に過ぎないが、ケンちゃんにお願いしたパース付き。35坪想定のスペース・イメージまで見ていただく。
設立すべきは、「アイビーのメッカ」。石津謙介氏の生まれ故郷岡山に隣接している倉敷市のアイビースクウェアに似つかわしい話だと考えている。多角的な事業展開の基地ともなりうる。
集約そして発信。アイビーを次代に伝えていくべき拠点は、石津謙介氏の「人と生き方。そして残したもの」をコアに作るべきだ。

その二日前、石津事務所で5枚のDVDをお預かりした。VANの広告、石津謙介氏出演のテレビ番組、アメフトチームVANGuardsの試合風景等々。懐かしく、観させてもらった。そして、「Come On Sportman」キャンペーンのライフスタイル提案の新しさに、今更ながらに見入ってしまった。
イベント会場で流す予定になっているので、ご期待を。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/59-22ba8b29



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。