’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやじバンド、ワイルドワンズ、そしてVAN
雨のち晴れ!爽やかなり!とはいっても、事務所の暖房はON。
今週土・日は、おやじバンドコンテストの2次審査。総計14バンドがヤマハのスタジオに集結し、その腕と見栄えを競う。ベーシスト伊藤久之氏の厳しい目と耳を潜り抜けるバンドは、6組。花の決勝は、5月3日だ。
決勝の審査委員長は、星加ルミ子さん。審査員には、芦原すなおさん、エド山口さん、ワイルドワンズの島英二さん。優勝するバンドは……。

おやじバンドコンテストが終了すると、ワイルドワンズのライブ。昼・夜の二回行われる。会場のDuoは、大人が寛ぐことができるライブハウス。お酒を飲みながら、あるいは食事をしながら、じっくりと60年代の名曲を鑑賞することができる。

5月4日は、星加さんが生放送に出演。ビートルズ初取材の時の話が聴けるかもしれない。
さて、その後だ。TRADおじさん達が集結するらしい。これは、楽しみだ。星加さんもお誘いし、60年代の音楽やファッションの話でもおつまみに、飲まなくてはならない。飲むべきだ。……。飲みたい!
大きな副産物に感謝!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
↑そのオジサンです。5月4日~5日に「カッキー来たよ」と渋谷を急襲します。東京に昼頃ついて渋谷の会場(東急本店)へ参ります。一緒にアメリカーノさんが行きます。またこの付近でアイビー不良オヤジ達と落ち合う予定そのまま、会場へいき、夜は勿論、サパークラブKapparへ行くでしょう!えっちゃん、kapparさんよろしくね。すっかり、最近カッキーのブログが当初より燃えている!これは、見えなかったオヤジ共の姿がより鮮明に彼にも見えてきたからと言った大げさかな?一時、落ち込んでいたようにもみえたこの管理人は最近、忙しいなかにもハッキリと方向性が見えたからに他ならないのでは?違うかも知れないけどね(アハ)楽しみなイベントがイベントとして終わらずライフスタイルになるには「ファミリー」がキーワードかも知れない。世代を越えた個の家族で紺ブレを親子三代で着て写真を撮る胸には家紋に変わって、ファミリーのエンブレムがついていたらどんなに素晴らしいだろう。個から同一世代でなく縦軸も考えていかなければトラッドはまた一過性で終わるようなきがする。多くのトラオヤジがそうであるように親から子へ、孫へと30年間共有できるファッション・文化はそうあるものではないから…。だから好きなんだけどね。
【2006/04/07 19:43】 URL | ぶらぼ~不良鈴木 #2DdjN05. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/50-67e766ca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。