’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハンバーガーイン
初めてハンバーガーを食べたのも、VAN入社がきっかけだった。場所は、青山通りVAN99ホール(現在のブルックス・ブラザーズ)のすぐ近く、2Fにあったウェンディーズ。ランチに出かける先輩に連れられ、いかにもアメリカの看板とロゴを横目で見ながら食べたハンバーガーは、とてもシンプルなものだったように記憶している。
やがて、次第にあちこちで遊び初めて憶えたのが六本木ハンバーガーイン。外人客の多い店内で待ち合わせをしながらハンバーガーを頬張っていると、まだ見ぬニューヨークの街角にワープしたかのような錯覚を覚えたりした。
そのハンバーガーインが閉店となったのが、昨年10月。おりしも、GWのイベントの企画作業の真っ只中。東横店にお集まり願おうと、「懐かしのあの味、憧れのあの店」をリストアップしているところだった。協力をお願いした友人の一人からその一報が入った時は、すこしばかり肩の力が抜けたような気がした。
それから、数ヶ月。東急百貨店の方々の努力で、イベント期間中約1週間の復活が決定!今日打ち合わせに参加してきた。あの上質でシンプルな味が再現される。オリジナルTシャツも販売される。なんとも、喜ばしい!
また、ちょっと激励された気分だ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/38-0bda518c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。