’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青春のデンデケデケデケ
昨日(22日)午前10:50。八王子京王プラザホテルのラウンジに到着。
人待ち顔の男性がいないことを確認して、コーヒーを注文。700円!やむをえない……。芦原すなおさんとの待ち合わせ。60s東京グラフィティに関連するお願い+αのお話をさせていただくためだ。
しかし、11時を過ぎても芦原さんは現れない。ちょっとだけ嫌な予感が走る。時間間違い?僕?芦原さん?…………。僕の可能性が高いだろう。ともかく、11:30分までお待ちすることにする。
11:35分。思い切って、電話させていただくことにする。「あの~、柿本と申しますが~」「あれ?13時のお約束では……」「11時に来てしまいまして~」といった、いささか心許ないやり取りをさせていただいた結果、「近くですから、すぐ行きます」とのことで、お越しいただいた。
お話は順調。同い年とあって、勢い話題は60年代のあれこれへと向かっていく。VANの話、音楽の話、そしてやがて、悲しいかな年齢の話……。
「いやあ最近記憶力が……」との芦原さんの台詞に乗っかるようにして、まず僕のせいに違いないアポイント時間の記憶間違いを、漠然と許していただく。

そんなこんながあったにしても、「青春のデンデケデケデケ」の著者、芦原すなおさんのご協力は得られることに。ありがとうございました。

そして、夜。今度は、エド山口さん。エドさんの「デンデケデケデケ」を聴く。なんとも、符号がぴったり合ったかのような一日だった。
夜、事務所に帰り、ロゴ・デザインの打ち合わせや連絡を取りながら、頭の中に流れっぱなしのベンチャーズのメロディに、足でリズムを取ってしまっていたのだった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/23 20:10】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/34-ff317ecc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。