’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フジテレビ
午後2時よりフジテレビにて打ち合わせ。GWのイベントに会場(東急百貨店本店)内にできるフジテレビのブースと、それに関連する装飾。前回の打ち合わせ以来のお互いの作業の進捗状況を話し合う。

打ち合わせの後、60sFACTORYのブランド・コンセプト、誕生の経緯、2006年春夏の商品企画についてご説明させていただく。GWのイベント会場に展示される商品のサンプルもお見せする。

60年代のモノ作りにこだわり、素材も当時から変わらないモノ作りを続けているThomasMason社から輸入するなど徹底していくと、「復刻商品」とでも呼ぶべき風情となってくる。
しかし、改めてサンプルを見つめ直してみると、そこに新しさがあることも発見する。
Authentic.I’ts Ever New.である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/28-3f21a1dd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。