’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


温故知新
60s FACTORYの春の企画を説明させていただくチャンスを得る。
クラシック・ポロ、プルオーバーのBDシャツ、ギンガムチェックのBDシャツ、オープンカラーのシャツ、音楽をイメージ・モチーフにしたTシャツを提案。改めて、60年代の新しさを実感する。

シャツの工場は、その腕日本一と言ってもいいウィンスロープさん。VANのBDシャツにとって、主要でかつ信頼できる工場だった。BDシャツに関するうんちくを形にしていくためには、ウィンスロープさんの腕は欠かせない。

昨年、東急百貨店の父の日イベントを機に誕生したブランド、60s FACTORY。まだごくわずかしかしか市場に顔を出していないが、国産にこだわり、本物であることに徹底していこうとする姿勢は変わらない。
少しずつ、少しずつ‥‥。妥協せず、無理もせず‥‥。
オーセンティックなモノ作りを続けていきたいものだ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/20-14d465de



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。