’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


60年代の学生の部屋
月曜日夕刻、フジテレビ訪問。60s東京グラフィティに参加を希望されているとのこと。60年代の学生の部屋を再現し、そこを当時の番組(と言ってもVTRが残っているわけではないため、様々な工夫をされるとのこと)ファッション等をプレゼンする場にしたいとの趣旨。
やはり、VANが話題となる。
VANのファッションやグッズを活用することを打ち合わせ、映像面での協力をお願いする。

60年代の終わりから、京都で学生時代を過ごした僕の部屋を思い出し、百貨店の催事場にはいかがなものか、と思う反面、都市生活の先頭を走っていた、言わばライフスタイル・リーダー的な学生の部屋は覗いた経験もなく、ただイメージするのみであることにも思い至る。
ファッション、音楽に没頭できる環境下にいたと思しき同世代の友人を探してみなくてはならないだろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tokyo60s.blog51.fc2.com/tb.php/19-0ba935e8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。