’60s東京グラフィティ -プロデューサー日記-
東京渋谷で2006年のGW(ゴールデンウィーク)に開催されるイベントの準備からスタートまでの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お詫びと訂正。そして、ご報告
あの怒涛のキックオフ・パーティから、ほぼ二週間。まだ若干残っている後片付けをしつつ、具体的な活動へ向けて活動開始!いくつかのプランを動かし始めた……。
というところで、大切なことに思い当たってしまったのでした。

まずは、お詫びと訂正をさせていただきます。

1.パーティに来られた方々にお見せした60sFACTORYのサンプル。
ズバリ!のものではありません。あれは、ユナイテッド・アローズのために、伊藤忠商事の60sFACTORYのスタッフが製作したもの。素材や縫製の確かさをプレゼンするために持参したものです。説明不足でした。
谷さんと話し合っているのは、もっとオーセンティックなもの。ボードに書いてあった絵型の方が正解です。ボタンの数、大いに絞りが入ったシェイプ、パッチ&フラップのポケット……。60sFACTORYのサンプルと思われた方々は、その作りの違いに愕然とされたことでしょう。
申し訳ありませんでした。あんなものにはなりません!ご安心いただくと同時に、改めてご期待ください。

2.生産体制は、最もノウハウを持っている工場をアイテム毎に決定(VANともお付き合いのあった工場がほとんど)。既存のパターンに、こちらの希望で修正を加えていただく形をとっています。
昨年のBDシャツは、現在のVANのパターンを原型として、VAN,Kentが参考にした60年代初頭のGANTのBDシャツのディテールと、サイジングの微調整を加えて完成したものです。
同様な方法論を、現在計画中のアイテムでは、すべて行っていくつもりです。

目的は、その名前の通り、60年代のモノ作りの再現。もう少しお待ちください。

ご報告!

1.東武百貨店本店で、10月7日、穂積さんとくろすさんのトークライブを行うことが、ほぼ決定しました。翌8日は、同店屋上で「エド山口&東京ベンチャーズ」のライブも行われる予定です。お天気は、心配ですが……。

2.東急百貨店では、「TAKE IVYキャンペーン」を開催すべくプレゼンし、今のところ賛同いただいています。メンクラ編集部にも、タイアップのお話をしにいくつもりです。

3.東京60sクラブ・オリジナルのMDを計画中です。またご報告します。今度は、誤解の渦が起きないよう、丁寧に報告させていただきます。

きんちゃんさん、先日夜中に酔った勢いで「間違った書き込み」をしてしまいました。ごめんなさい。是非、またお会いしましょう。

ぶらぼ~さん、お元気~~?

スポンサーサイト

ありがとうございました。
いつまでも変わらないブログに、いろいろとお寄せいただきありがとうございます。
いやあ、日曜日はさすがにぐったりとしていましたが、なかなか心地よい疲労感……。これも、心地よい人たちの集まりがもたらしてくれたものと、ゴロゴロと半覚醒状態で過ごしつつ、味わっていました。

土曜日には、穂積さんに著書を貸していただくべくお尋ねしたところ、「いやあ、楽しかったねえ。意外とみんな早かったねえ。後片付け、大変じゃない?」とねぎらっていただき、(中村誠ちゃん、危うくパクラれるところだったとか……)本日、神吉さんよりお礼の電話をいただき、くろすさんからも礼状が届き……。
宴の後の余韻に浸ってばかりもいられないなあ。せっかくの仲間や応援していただける方々のためにも、着実に何かを成していかねば(もちろん、楽しみながら)と改めて心に念じている夜です。

そろそろブログも新設し、「東京60sクラブ」について語り始めたいと考えています。いささか溜まっている仕事を片付けるまで、お待ちください。
来週には、新たな顔付きで(そんなには、まだ変われませんが)皆さんにお会いしたいと思います。
それまでは、このブログを相変わらずご覧いただけると幸いです。

こだわりのある人は、人のこだわりにもやさしい……。そうあるべきだと、思っています。大丈夫ですよね、60年代とキーワードさえあれば……。
さ、頑張ろう!(無理はできないですが……)

お久しぶり~~
みなさん、ご無沙汰しています。
先週末(土曜日)に、CHIVAS REGALのイベントを運営。晴れ男の面目躍如で、その日しかもイベント開催の間だけ、雨にも降られず、無事終了。マイク眞木さんの、なかなかのサービス精神と多彩な演奏に、招待客も満足だった模様でした。

一息ついて、この秋冬に向けて始動。VAN、Kentの育ての親(トラッドの生き字引)谷さんと打ち合わせ。ボタンダウンクラブ事務局の神吉さんにもおいでいただき、東京60sクラブとボタンダウンクラブのより緊密な提携のあり方について、お話させていただいた。

そして昨日。何名かの方は既にご存知(ぶらぼ~さんは、お会いになったようですね)の辰口さんが、訪ねてこられた。お互い、なんとなく記憶している間柄だが、ついつい話し込んでしまい、瞬く間に約3時間!
お互いの持ち味を生かしつつ、協力していきましょう、と誓い合ってお別れした。
楽しいことは、広がっていく。



朗報!!!
ささやかなイベントで、この土・日、エド山口さん、星加ルミ子さん、加瀬邦彦さんとご一緒した。ご出演いただく時間以外は、食事をともにするなどしていたので、「東京60sクラブ」のお話、「7月7日のキックオフパーティ」のお話もすることができた。
朗報!!!
エド山口さんは、「必ず、行きますよ」とのこと。加瀬さんも「スケジュールを確認しますが、伺うつもりでいますからね」とのこと。
星加さんは、「あらあ、その日仕事で札幌だわあ。ごめんなさい」とのことで残念だったが、穂積和夫さんは、「スケジュールに入れておきます」とのことだったので、なかなか豪華なメンバーになりそうだ。

具体的な活動は、徐々に徐々に、ということになりそうだが、しっかりと地に足のついた「楽しいコト」を始めていかなくてはならないと、改めて気持ちを引き締めている状況……。

ぶらぼ~さん、ハゲアメリカーノさん、TRADさん、Mr.Hさん、その他(失礼!)応援してくださっている方々、「ついていく」などとおっしゃらずに、ビシビシご参加くださいね。
「何をすればいいの?」とお考えかもしれません。お待ちください。もう少し、企画が固まってきた時に、お知らせいたします。
さらに、より具体的なご相談、お話は、「7月7日」を楽しみにお待ちください。

やっぱり、「継続は力」なのでしょうね。

60sだ~~。
昨晩のエド山口さんは、いつもにはないテンション。高校時代の同級生が数名いらっしゃっていたからだろうか、トークが右へ左へとさまよいながら急展開。実におもしろかった。もちろん、ベンチャーズ・ナンバーなど、「エレキ」も堪能した。

始まる前に「東京60sクラブの父の日」のパンフレットとランドリーバッグ、仕事のメモが入った手紙を差し上げておいたところ、本日お昼に電話あり。
「いやあ、夕べの俺、変だったでしょう。何がどうなっていくのか、自分でもわかんないくらいでしたよ。ま、それがおもしろかった、という人もいましたけどね」。「いやいや、本当に楽しかったですよ」とやり取りした後、軽い打ち合わせ。
それも簡単に終わると、エドさん突然「東京60sクラブ、俺も入れてくださいよ~」とのこと。ありがたい話だ。「ぜひ!」とお答えした後、今後の計画の一部をさらっとご説明。「おもしろそうだなあ」‥‥。
ということで、企画書完成の節は、ご説明させていただく方にエド山口さんが加わった。

7月7日、おいでいただけるとうれしいのだが‥‥。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。